*

今からはじめる紫外線対策!日焼けに負けない肌になろう!

b1今は空前の美白ブームが続いているので、あえて小麦色の肌に日焼けしようという女性は少ないですが、昔は小麦肌ブームが大流行でしたし、日焼けしたくてビーチに通ったり日焼けサロンに通ったりという経験がある人も多いはず。

しかし、そんな若い頃の日焼けが、アラサーやアラフォーになった今になってシミやシワなどの肌トラブルとなって返ってくることはご存知ですか?

実は私もそんなシミと戦う一人です。

若気の至りともいえる私の肌。

体にあるシミは服でなんとか隠せても、顔のシミはなかなか隠しにくいもの。

私も普段から美白化粧品を使っていますが、美白成分と言ってもいろいろな種類があり、それぞれ作用が異なることはご存知ですか?

シミの種類やタイプに合わせて効果的な成分を選ぶことが、シミ対策には必要です。クリニックでレーザー治療を受けることもできますが、健康保険が適用されないので費用がとても高くなってしまうし、場合によっては火傷のリスクがあるので注意が必要です。

私もそうしたリスクが怖いので、美白ケアはもっぱら美白化粧品に頼っています。

このサイトでは、私のように美白化粧品を使ってシミをなくしたい人に役立つ情報をまとめています。

どんな成分で化粧水を選べばよいのか、シミをなくすために効果的な使い方などをまとめていますし、美白化粧品以外のシミ消し法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

シミ対策では、紫外線を予防することも必要です。アラサーやアラフォーになると、日焼けをしてしまうとなかなか元の肌トーンに戻りませんし、新陳代謝が低下しているので、日焼け肌が元の肌色に戻るまでに次の夏がきてしまうなんてこともあるもの。

このサイトでは、紫外線予防対策についても紹介しています。

 

参考サイトなど

化粧品に関する知識:40代の化粧品の選び方

紫外線関連知識:オールアバウト紫外線

しみに関する知識:スキンケア大学


公開日:

0-07
シミができる原因やメカニズムについて

肌の表面にポツリとできるシミらしきもの。 シミと言ってもいろいろ

0-04
シミを改善する美白化粧品の成分を知りたい!

美白化粧品には肌の内側に潜んでいるメラニン色素や肌の表面に出ているシミ

0-14
年齢によって変わるシミ対策とは

基本的な紫外線対策は年齢に関係なく同じですが、シミ対策は自分の年齢に合

b4
レーザー治療でのシミ取りのメリットとデメリット

シミ取り治療にはいろいろな方法がありますが、その一つにレーザー治療とい

0-12
市販の日焼け止めクリームは効果ある?

紫外線対策には日焼け止めクリームの存在が欠かせません。日差しが強い季節

→もっと見る

PAGE TOP ↑