*

レーザー治療でのシミ取りのメリットとデメリット

公開日: : column

シミ取り治療にはいろいろな方法がありますが、その一つにレーザー治療というものがあります。

これは、肌の内側でシミの原因となっているメラニン色素をレーザー周波が分解してくれるという治療法で、美容皮膚科や美容クリニックなどで施術を受けることができる治療法。健康保険が適用されないので、治療にかかる費用は高くなります。

レーザー治療によるシミ取りには、メリットとデメリットがあります。

まず、メリットは、紫外線による老班タイプのシミには大きな効果があるという点。美白化粧品を使うと何年もかかってしまう美白ケアが、レーザーを使うとわずか1回の施術できれいに取り除くことが可能です。デメリットは、レーザー照射は小さな範囲にしか行うことができないため、ある程度の面積があるシミになると、一度の施術でも何回も照射しなければいけなくなり、かなりの痛みを伴うということ。

また、レーザー治療は老班タイプのシミにしか効果がないため、ホルモンバランスの崩れが原因でできる肝斑タイプのシミや、ソバカス、ニキビ跡などのシミにはほとんど効果がないというデメリットもあります。

それだけではなく、レーザー治療はメラニン色素に反応して照射するため、肌が日焼けしていたり、もともと肌のトーンが濃い人にとっては、レーザー治療を受けることによって火傷するリスクもあるので注意しなければいけません。

専門的な技術を持った医師がシミの一つ一つを見てレーザー治療ができるかどうかを判断しますが、経験の少ない医師だったりすると不適切な治療を行うことによる事故も心配です。

健康保険が適用されないレーザー治療を受ける場合には、クリニック選びを慎重にすると同時に、メリットとデメリットを正しく理解した上で利用するようにしましょう。

関連記事

季節ごとに紫外線量が違うって本当?

紫外線が気になるのはゴールデンウィークから8月辺りまでですが、この期間しか降り注いでいないというわけ

記事を読む

できてしまったシミを消す方法

どんなに紫外線対策に気をつけていても、シミができてしまうことはあるものです。 できてしまってか

記事を読む

年齢によって変わるシミ対策とは

基本的な紫外線対策は年齢に関係なく同じですが、シミ対策は自分の年齢に合った方法で行ったほうが確実な効

記事を読む

日焼けサロンで焼くと紫外線を浴びずに焼けるって本当?

太陽光線に含まれている紫外線は、肌や髪に大きなダメージを与えます。 しかし、室内で肌を焼くこと

記事を読む

シミを改善する美白化粧品の成分を知りたい!

美白化粧品には肌の内側に潜んでいるメラニン色素や肌の表面に出ているシミを薄くしてくれる成分が配合され

記事を読む

市販の日焼け止めクリームは効果ある?

紫外線対策には日焼け止めクリームの存在が欠かせません。日差しが強い季節はもちろんですが、気温が低く日

記事を読む

髪も紫外線対策が必要?

肌の紫外線対策はしっかりしていても、髪の紫外線対策にも気を遣っている人は意外と少ないものです。

記事を読む

シミができる原因やメカニズムについて

肌の表面にポツリとできるシミらしきもの。 シミと言ってもいろいろな原因でできますし、原因によっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シミができる原因やメカニズムについて

肌の表面にポツリとできるシミらしきもの。 シミと言ってもいろいろ

シミを改善する美白化粧品の成分を知りたい!

美白化粧品には肌の内側に潜んでいるメラニン色素や肌の表面に出ているシミ

年齢によって変わるシミ対策とは

基本的な紫外線対策は年齢に関係なく同じですが、シミ対策は自分の年齢に合

レーザー治療でのシミ取りのメリットとデメリット

シミ取り治療にはいろいろな方法がありますが、その一つにレーザー治療とい

市販の日焼け止めクリームは効果ある?

紫外線対策には日焼け止めクリームの存在が欠かせません。日差しが強い季節

→もっと見る

PAGE TOP ↑