*

市販の日焼け止めクリームは効果ある?

公開日: : column

紫外線対策には日焼け止めクリームの存在が欠かせません。日差しが強い季節はもちろんですが、気温が低く日差しがそれほど気にならない季節でも、紫外線は容赦なく降り注いでいるもの。

子供の頃には、日焼け止めクリームを塗るのは夏だけだった人でも、年齢とともに紫外線による影響を受けやすくなりますし、シミもできやすくなるので、季節を問わずに日焼け止めクリームを使うようにしたほうが良いでしょう。

日焼け止めクリームを選ぶ際には、季節や用途、使いやすさや使用感などに合わせて選ぶことが大切です。

例えば日焼け止めに記載されているSPFの数値は高いものなら50というものも販売されていますが、普段の生活ではそこまで高い数値のものは必要ありません。

日常生活の中で使う場合にはSPF15~30ぐらいでも十分ですし、SPF50はアウトドアを長時間楽しむ時にオススメです。

SPF値が高いものは紫外線吸収剤や散乱剤などの含有量も多く、肌への負担も大きくなってしまうので気を付けましょう。

日焼け止めクリームの中には、ファンデーションの下地に日焼け止め成分が入っているものなどもおすすめです。

日焼け止めクリームと下地、ファンデーションと肌の上に何重にも重ね塗りをすると息苦しくなってしまうような場合には、下地と日焼け止めクリームが一体になっているものを使ったりして、使用感を調整するのも良いでしょう。

日焼け止めは、いろいろなブランドからたくさんの種類が市販されています。

その中でも、肌が敏感肌だったり肌トラブルを起こしやすい人の場合には、紫外線吸収剤が入っているものを使用するのがいいでしょう。日焼け止めに含まれる成分には、散乱剤と紫外線吸収剤とがあります。吸収剤は天然成分で作られているものが多いため、肌トラブルを起こしにくいという特徴があるのです。

関連記事

日焼けサロンで焼くと紫外線を浴びずに焼けるって本当?

太陽光線に含まれている紫外線は、肌や髪に大きなダメージを与えます。 しかし、室内で肌を焼くこと

記事を読む

年齢によって変わるシミ対策とは

基本的な紫外線対策は年齢に関係なく同じですが、シミ対策は自分の年齢に合った方法で行ったほうが確実な効

記事を読む

レーザー治療でのシミ取りのメリットとデメリット

シミ取り治療にはいろいろな方法がありますが、その一つにレーザー治療というものがあります。 これ

記事を読む

シミを改善する美白化粧品の成分を知りたい!

美白化粧品には肌の内側に潜んでいるメラニン色素や肌の表面に出ているシミを薄くしてくれる成分が配合され

記事を読む

季節ごとに紫外線量が違うって本当?

紫外線が気になるのはゴールデンウィークから8月辺りまでですが、この期間しか降り注いでいないというわけ

記事を読む

できてしまったシミを消す方法

どんなに紫外線対策に気をつけていても、シミができてしまうことはあるものです。 できてしまってか

記事を読む

髪も紫外線対策が必要?

肌の紫外線対策はしっかりしていても、髪の紫外線対策にも気を遣っている人は意外と少ないものです。

記事を読む

シミができる原因やメカニズムについて

肌の表面にポツリとできるシミらしきもの。 シミと言ってもいろいろな原因でできますし、原因によっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シミができる原因やメカニズムについて

肌の表面にポツリとできるシミらしきもの。 シミと言ってもいろいろ

シミを改善する美白化粧品の成分を知りたい!

美白化粧品には肌の内側に潜んでいるメラニン色素や肌の表面に出ているシミ

年齢によって変わるシミ対策とは

基本的な紫外線対策は年齢に関係なく同じですが、シミ対策は自分の年齢に合

レーザー治療でのシミ取りのメリットとデメリット

シミ取り治療にはいろいろな方法がありますが、その一つにレーザー治療とい

市販の日焼け止めクリームは効果ある?

紫外線対策には日焼け止めクリームの存在が欠かせません。日差しが強い季節

→もっと見る

PAGE TOP ↑